樹液シートはむくみを無くす|簡単便利なスリムグッズ

女性

電磁波の仲間

暖房用具や医療用機器などに利用されています。

美容

遠赤外線とは、電磁波の一種で、3〜100ミクロンの波長のことです。赤外線は目に見えず、あらゆる物体から温度に応じた量が放射され、その波長から近赤外線、中赤外線、遠赤外線とに分けられます。遠赤外線は、穏やかな過熱で、表面の変質を抑えつつ、また全体を均一に温める性質があります。その性質のため遠赤外線は、ストーブやヒーター、調理器具、医療用機器など様々なものに利用され、生活に生かされています。特に治療に用いる場合は遠赤外線温熱治療器として、整体院や整骨院で利用することが出来ます。温めることで血流が良くなり、腰や肩のコリを改善するだけでなく、リウマチや認知症、アレルギー症状などにも効果があるといわれています。

遠赤外線を利用したサウナが人気です。

最近は、遠赤外線を利用したサウナも注目を集めています。サウナの施設でも、また自宅で利用できるものもあります。通常のサウナよりも、格段の発汗量が期待できます。遠赤外線は、汗腺より深い部分の、皮脂腺にある脂汗を排出してくれます。また同時に、体内の有害物質も体外に出してくれます。そのため、汗の量が多くなり、新陳代謝が活発化します。ダイエットにもつながるので、非常に人気があります。自宅で出来る、サウナマットも販売されています。マットの上にドーム型の布団のようなものをかぶせ、スイッチを入れると加熱されてきます。遠赤外線のエネルギーを、低温度で急速に体内に吸収されていくので、30分間横になっているだけで大量の汗が出て、効果を実感できます。